レンタルサーバーに関する用語集

ホームページ作成・運営には絶対に必要なピースとなるのがレンタルサーバーです。

ホスティングサービス、ウェブレンタルスペースなどとも言われます。
目に見えるモノでないために、なかなか理解するのが難しいのですが、サイト作成・管理には避けて通れない道です。

関連用語に不安があるなら、一度、目を通しておきましょう。

最終更新日
2015年4月11日

レンタルサーバー用語集

レンタルサーバーとは

インターネットに情報を発信するサーバーの容量の一部をレンタルするサービスのことです。分かりやすい言葉で説明すると、「ホームページの内容を、いつでも誰でも見れるように保存しておくコンピュータ」と言えます。もう少し長く説明すると、サーバー(サーバ)というのは、コンピュータのことで、常にインターネット(ウェブ)に繋がっています。「繋がっている」という意味は、インターネット(ウェブ)から、いつでも、誰でも、どこからでも見れる(アクセスできる)ということです。そのインターネットに接続しているコンピュータ(=サーバー)を、自分で持てば良いのですが、サーバーは大きなコンピュータで、維持・管理するのにもお金が掛かるので、専門的に維持・管理 そしてレンタルしてくれるところがあるのです。レンタルと言っても、コンピュータを家に置いておく必要は無く、レンタルサーバー会社の管理部屋においてあるサーバーの機能(ウェブスペース、ディスク容量)を使わせてもらうということになります。

ホスティングサービスとは

レンタルサーバーと同義ですが、欧米ではホスティング、ウェブスペースのホスティングとの言い回しの方が一般的です。

ハウジングとは

顧客のサーバーを、自社の回線設備の整った施設に設置するサービスです。レンタルサーバーとの相違点は、サーバーなどの機器すべてを顧客が用意し、事業者は場所と回線、電源などを提供することが挙げられます。

バーチャルプライベートサーバー(VPS)とは

共用サーバーでありながら仮想的に専用サーバーと同等の機能を提供するサービス。物理的に専用サーバーを提供するよりも安価に、専用サーバーと同等の機能を提供する。個々のユーザーが管理者権限(ルート権限)を持っているかのように設定することができる。


最安値調査!格安のレンタルサーバーを徹底比較

サーバーの最安値は、月額100円。 独自ドメインの最安値は、年額770円。
他にも格安サービスとして知られているプランは、ほとんどチェック。
共用ホスティングサービスから専用・VPSサーバーまで、単純に安いサーバーから割安お得なサーバーまでピックアップして紹介しています。
機能と料金(月額+初期費用)をまとめて比較するなら『レンタルサーバー・ドメインの格安徹底比較』へどうぞ。