ドメインに関する用語集

ホームページを作成するなら、サーバーと同様にドメインについても理解する必要があります。

無料ウェブスペースなどのサービスでは、フォルダ名やサブドメインになってしまいます。
自分だけのサイトを独立させるには、やはり、独自ドメインが必要になってきます。

まずは、ドメインの正体とドメイン関連の「耳にするけど意味はイマイチ分らない」というような用語から解決しましょう。
関連用語に不安があるなら、一度、目を通しておきましょう。

最終更新日
2015年4月11日

ドメイン用語集

ドメインとは

インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子のことです。「ホームページアドレスやメールアドレスの英数字の記号」のことです。ホームページアドレスやメールアドレスは、インターネット上で言う郵便番号や電話番号のようなものであり、ひとつひとつに違う識別番号を付ける必要があります。その識別記号(英数字や@)のことをドメインと言います。

DNSとは

ドメイン名とIPアドレスを対応させるシステム。

IPアドレスとは

インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたそれぞれのコンピュータに割り振られた識別番号のことです。

レジストラとは

ドメインを登録する会社・団体の総称です。直訳すると「登録する人・者」であり、免許制なので、誰でもドメインを登録できるという訳ではありません。私達が独自ドメインを取得する場合は、「○×というドメインを登録してもうらうようにレジストラ(登録代理人)に登録依頼をする」と言えます。

gTLDとは

generic Top Level Domainの頭文字を取ったもので、一般的なドメインであり全世界で取得可能です。.com .net .org .int .edu .gov .milが良くみるgTLDです。日本では、.comが最も認知度が高く、次に.netが有名でしょう。.orgはグループや会社に良く使われます。

ccTLDとは

country code Top Level Domainの頭文字を取ったもので、.jp .us .fr .ukなど世界に200以上あり、原則としてその国に在籍する人をドメイン取得対象としていますが、.tv などその国以外の人がドメイン取得することができるようになっているドメインもあります。


最安値調査!格安のレンタルサーバーを徹底比較

サーバーの最安値は、月額100円。 独自ドメインの最安値は、年額770円。
他にも格安サービスとして知られているプランは、ほとんどチェック。
共用ホスティングサービスから専用・VPSサーバーまで、単純に安いサーバーから割安お得なサーバーまでピックアップして紹介しています。
機能と料金(月額+初期費用)をまとめて比較するなら『レンタルサーバー・ドメインの格安徹底比較』へどうぞ。